GEMFOREXのロースプレッド口座を徹底解説~口座タイプ徹底比較~

GEMFOREXは(ゲムフォレックス)は取引手数料無料でスプレッド狭小のロースプレッド口座を提供しています。

ロースプレッド口座の利用は最低入金額といった一定の条件をクリアすれば誰でも開設可能で、ガチゼロ口座のように抽選に当選したトレーダーしか利用できないという厳しい条件はありません。

狭いスプレッドに最大の魅力を感じるトレーダーは、GEMFOREXのロースプレッド口座の開設を検討するべきでしょう。

ただし、ロースプレッド口座はメリットだけでなくデメリットもあり、場合によってはGEMFOREXの他の口座タイプのほうが向いている可能性もあります。

今回はGEMFOREXのロースプレッド口座を中心に、知りたい情報を完全網羅しました。

当ページで学べる内容
  • GEMFOREXのロースプレッド口座のスペック
  • GEMFOREXのロースプレッド口座のメリット・デメリット
  • GEMFOREXのロースプレッド口座と他の口座を比較した結果
  • GEMFOREXのロースプレッド口座を使うときの注意点
  • GEMFOREXのロースプレッド口座の利用に向いているトレーダー
目次

GEMFOREXのロースプレッド口座とは?

最大レバレッジ1,000倍
ロスカット水準20%
マージンコール50%
ゼロカットの適用あり
1ロットの単位10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)
最大ロット数/最大注文可能数30ロット/30件
取引手数料無料
最低入金額30万円以上
取引可能銘柄FX通貨ペア:42種類貴金属:3種類
ボーナスの適用不可
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可
スプレッド0.0pip~

GEMFOREXのロースプレッド口座はスプレッドの狭さを売りにしたタイプの口座です。

最低入金額30万円以上は一見すればハードルが高く感じますが、その点さえクリアすればスプレッド0.0pip~という非常に狭いスプレッドにてトレードできるのは魅力です。

確かに、0.0Pipsなら取引コストも抑えられて永来的に考えるとお得ね?

また、最小ロット数が0.01ロット(1,000通貨)から対応しているので小ロットでコツコツ資金を増やすことも可能ですし、最大ロット数30ロット(300万通貨)でハイリターン勝負もできます。

唯一の注意点は、GEMFOREXの豊富なボーナスが一切使えないことです。入金ボーナスを活用したい場合は、通常のオールインワン口座を選ぶようにしましょう。

ロースプレッド口座座の特徴

GEMFOREXのロースプレッド口座で押さえておきたい特徴は以下の5点です。

ロースプレッド口座のチェックポイント
  • 国内FX業者に負けず劣らずの超低スプレッド!
  • レバレッジはMAX1000倍
  • 初回入金は30万円以上必要
  • 約定力が高い!
  • スキャルピングOK

それではロースプレッド口座の特徴を順に解説していきます。

国内FX業者に負けず劣らずの超低スプレッド!

ロースプレッド口座のスプレッド

GEMFOREXのロースプレッド口座は最小0.0pis~です。

国内FX業者と海外FX業者を比較した際に最も差があるのはスプレッド!

国内FXはボーナスがパッとしない分スプレッドが凄く狭いんだよ

どうしても国内FX業者はDD取引(相対取引・呑み取引)を採用していることからスプレッドが狭く、市場に直接注文を流すNDD方式の海外FX業者はスプレッドが高くなりがちです。

しかし、GEMFOREXのロースプレッド口座はボーナスの適用不可や最低入金額30万円という条件を設けることで非常に狭いスプレッドで提供を可能にしました。

スプレッドがかさみがちなスキャルピングといったトレード手法を中心にロースプレッド口座は利用価値が高いタイプの口座です。

スキャルピング1度やってみようかな

レバレッジはMAX1000倍

GEMFOREXのロースプレッド口座のレバレッジは最大1,000倍です。

通常タイプの口座でも最大レバレッジは1,000倍になり、最大レバレッジに差がありません。

また、他社海外FX業者と比較しても最大レバレッジ1,000倍は高い水準です。

特にスプレッドの狭いタイプの口座で最大レバレッジ1,000倍で提供しているケースは稀。

ロースプレッド口座でありながらハイレバレッジで大きく勝負ができるのもメリットです。

ただし、口座残高200万円以上の場合は最大レバレッジ500倍に強制的に引き下げられるので注意してください。

初回入金は30万円以上必要

GEMFOREXのロースプレッド口座の初回最低入金額は30万円です。

最低入金額30万円は決して低い金額ではないよ。

ただし、その初回最低入金額30万円さえクリアすれば最小ロット数0.01(1,000通貨)からトレードを始められるのでリスクを低く抑えることもできます。

どうしても30万円の資金を用意できない場合は、まずオールインワン口座で豊富なボーナスを活用して資金を増やしてからロースプレッド口座に移動するのもひとつの方法です。

初心者の方はオールインワン口座の方がいいかもね!

約定力が高い!

GEMFOREXのロースプレッド口座は通常のオールインワン口座同様に約定力・約定率が高いです。

約定力0.78秒
約定率99.79%

ロースプレッド口座の利用者はスキャルピングといった注文回数の多さで利益を増やしていくタイプのトレーダーが多く、約定力や約定率は非常に大事なポイントです。

GEMFOREXのロースプレッド口座の約定力や約定率は上記の表のとおり非常に高く、注文が通らないといったチャンスを逃すことを最小限に抑えられます。

スキャルピングOK

GEMFOREXのロースプレッド口座はスキャルピングトレードに対応しています。

普通にスキャルピングするかぎりは利用規約違反に抵触せず安心してトレードできます。

ただし、以下の条件に該当した場合は利用規約違反になるので注意してください。

  • 5分以内に往復10ロット以上の連続した取引
  • スプレッド0.0pipのみ狙った取引
  • 他社とのレート遅延を狙ったレイテンシートレーディング
  • 複数口座を介した裁定取引(本人名義、家族名義、他人名義等)

通常の範囲でスキャルピングするかぎりは問題なく、必要以上に神経質になることはありません。

ロースプレッド口座と他の口座を徹底比較

GEMFOREXはロースプレッド口座以外に、オールインワン口座・レバレッジ5000倍口座・ミラートレード専用口座・ガチゼロ口座の5種類があります。

5種類のタイプ別口座があるということは特徴もそれぞれ異なります。

ここではロースプレッド口座と他の口座の特徴を徹底的に比較していきます。

GEMFOREX口座タイプ比較一覧表

ロースプレッド口座オールインワン口座レバレッジ5000倍口座ミラートレード専用口座ガチゼロ口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍5,000倍1,000倍1,000倍
ロスカット水準20%20%20%20%20%
ゼロカットの適用ありありありありあり
1ロットの単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料無料無料無料現在無料
最低入金額30万円以上5,000円5,000円(入金上限10万円)50,000円5,000円
ボーナスの適用不可可能不可不可不可
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可EA/利用可能ミラートレード:不可利用不可EA:不可ミラートレード:可能利用不可
スプレッド0.0pip~1.1pip~1.1pip~1.1pip~0pip固定

各口座タイプを比較した結果、

  • レバレッジ
  • 最低入金額
  • ボーナス利用の可否
  • EA/ミラートレードの利用の可否
  • スプレッド

上記の部分に違いがありました。

ここではロースプレッド口座と他の口座をひとつずつ比較していきます。

ロースプレッド口座とオールインワン口座を比較

ロースプレッド口座オールインワン口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
ロスカット水準20%20%
ゼロカットの適用ありあり
1ロットの単位10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料無料
最低入金額30万円以上5,000円
ボーナスの適用不可可能
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可EA/利用可能ミラートレード:不可
スプレッド0.0pip~1.1pip~

ロースプレッド口座はその名のとおりスプレッドの低い口座なのでオールインワン口座よりも明らかに低いスプレッドでトレードができます。

しかし、ロースプレッド口座の最低入金額はオールインワン口座に比べて29万5千円も高く、入金ボーナスの利用もできません…

また、オールインワン口座はEAの利用ができるのに対してロースプレッド口座は不可です。

ロースプレッド口座は自動売買も使えないのね

ますます中上級者向けの口座って感じね

スキャルピングといった取引回数の多いトレードスタイルの場合はロースプレッド口座、他のトレードスタイルの場合はボーナスの利用もできるオールインワン口座のほうがメリットがあります。

ロースプレッド口座とレバレッジ5000倍口座を比較

ロースプレッド口座レバレッジ5000倍口座
最大レバレッジ1,000倍5,000倍
ロスカット水準20%20%
ゼロカットの適用ありあり
1ロットの単位10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料無料
最低入金額30万円以上5,000円(入金上限10万円)
ボーナスの適用不可不可
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可利用不可
スプレッド0.0pip~1.1pip~

ロースプレッド口座はスプレッドが低く入金額の上限を設けていない点が強みです。

一方、レバレッジ5000倍口座は、最大レバレッジ5000倍の魅力がある代わりに入金上限額10万円までという制限があります。

少額資金でハイレバレッジトレードをして大きく勝ちたい場合はレバレッジ5000倍口座をおすすめしますが、ある程度の資金があってハイレバレッジトレードにこだわらないのであればロースプレッド口座がおすすめです。

ロースプレッド口座とミラートレード専用口座を比較

ロースプレッド口座ミラートレード専用口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
ロスカット水準20%20%
ゼロカットの適用ありあり
1ロットの単位10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料無料
最低入金額30万円以上50,000円
ボーナスの適用不可不可
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可EA:不可ミラートレード:可能
スプレッド0.0pip~1.1pip~

ミラートレード専用口座はその名のとおりミラートレードに興味がある人を対象にした口座です。

最低入金額は50,000円なのでロースプレッド口座の30万円と比較すれば少額ですみます。

ロースプレッド口座はミラートレードの利用はできないため、ミラートレードに興味がある場合はミラートレード専用口座を選びましょう。

ロースプレッド口座とガチゼロ口座を比較

ロースプレッド口座ガチゼロ口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
ロスカット水準20%20%
ゼロカットの適用ありあり
1ロットの単位10万通貨10万通貨
最小ロット数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料現在無料
最低入金額30万円以上5,000円
ボーナスの適用不可不可
EA/ミラートレード裁量取引専用口座なので不可利用不可
スプレッド0.0pip~0pip固定

結論としてロースプレッド口座の上位互換がガチゼロ口座です。

ガチゼロ口座はスプレッド0pip完全固定なのでロースプレッド口座よりも確実に低いスプレッドでトレードができます。

ただし、ガチゼロ口座はGEMFOREXから招待を受けた人限定の口座タイプになり、誰でも無条件に口座開設を行えません。

また、現時点でガチゼロ口座は取引手数料無料ですが、将来的に取引手数料を徴収する可能性もあります。

仮にGEMFOREXからガチゼロ口座の招待を受けた場合はロースプレッド口座より優位性がありますが、現実的に低いスプレッドでトレードしたい場合はロースプレッド口座を選びましょう。

ロースプレッド口座と他業者の口座を徹底比較

GEMFOREXのロースプレッド口座と主要海外FX業者のECN口座(スプレッドの狭い口座)の取引手数料・最大レバレッジ・最低入金額を比較しました。

取引手数料(10万通貨単位)最大レバレッジ最低入金額
GEMFOREX無料+スプレッド1,000倍30万円
XM1.0pip +スプレッド500倍500円
FBS0.6pip+スプレッド3,000倍(残高2万円未満)100円
TradeView0.5pip+スプレッド500倍10,000円
HotForex1.4pip+スプレッド1,000倍500円
TradersTrust0.9pip+スプレッド500倍500円
Exness0.35pip+スプレッド無制限100円
AXIORY0.3pip+スプレッド400倍5,000円

ここでは比較対象として知名度があり安心して利用できる海外FX業者の8社を比較、各項目について個別に解説していきます。

ロースプレッド口座と他社海外FX業者の取引手数料を比較

取引手数料(10万通貨単位)
GEMFOREX無料+スプレッド
XM Trading1.0pip +スプレッド
FBS0.6pip+スプレッド
TradeView0.5pip+スプレッド
HotForex1.4pip+スプレッド
TradersTrust0.9pip+スプレッド
Exness0.35pip+スプレッド
AXIORY0.3pip+スプレッド

今回比較した中で取引手数料無料の海外FX業者はGEMFOREXのロースプレッド口座だけでした。

他の海外FX業者は取引手数料に加えてスプレッドが発生するので取引コストが高くなります。

一方、ロースプレッド口座の場合は取引手数料無料かつ最小スプレッド0pipという破格の低コストで提供しています。

取引手数料の比較に関しては圧倒的にGEMFOREXのロースプレッド口座に優位性があります。

ロースプレッド口座と他社海外FX業者の最大レバレッジを比較

最大レバレッジ
GEMFOREX1,000倍
XmTrading500倍
FBS3,000倍(残高2万円未満)
TradeView500倍
HotForex1,000倍
TradersTrust500倍
Exness無制限
AXIORY400倍

最大レバレッジは無制限のExnessが最も優れ、次点のFBSは残高2万円未満のみ3,000倍です。

ロースプレッド口座は最大レバレッジ1,000倍で他社と比較してもハイレバレッジでの取引環境を提供しています。

最大レバレッジ1,000倍あれば少額資金でハイリターンを狙うことは充分に可能です。

ロースプレッド口座と他社海外FX業者の最低入金額を比較

最低入金額
GEMFOREX30万円
XmTrading500円
FBS100円
TradeView10,000円
HotForex500円
TradersTrust500円
Exness100円
AXIORY5,000円

最低入金額は圧倒的にGEMFOREXのロースプレッド口座30万円は高いです。

他の海外FX業者の最低入金額であれば気軽にECN口座のトレードを始められますが、ロースプレッド口座の場合は初回に高額入金が必要なので躊躇してしまいます。

もちろんGEMFOREXは過去に出金拒否やトラブルを起こしたことがない海外FX業者だよ!

もちろんGEMFOREXは過去に出金拒否やトラブルを起こしたことがない海外FX業者です。

それでも海外FX業者は所詮海外に拠点を構えるので高額入金に抵抗感を覚えるのは普通です。

また、たとえばAXIORYであれば入金ボーナスの利用もできますが、GEMFOREXのロースプレッド口座は入金ボーナスの適用対象外です。

初回の最低入金額を用意できない場合は、ボーナスを使えるオールインワン口座で資金を増やしてから始めてみるのもひとつの方法になるでしょう。

ロースプレッド口座利用時の注意点

GEMFOREXのロースプレッド口座の利用時は以下の点に注意してください。

注意点
  • 0.0pipのみ狙った取引は禁止
  • ロースプレッド口座は【USD/JPYFx】といった風に末尾にFxがつく専用チャートの利用
  • 5分以内に往復10ロット以上のスキャルピングは禁止
  • 口座残高200万円以上で最大レバレッジ500倍に制限

上記の4種類の注意点のうち「ロースプレッド口座は【USD/JPYFx】といった風に末尾にFxがつく専用チャートの利用」は複雑に感じたかもしれません。

これはすでにGEMFOREXのオールインワン口座を利用している場合、たとえば「USD/JPY」表記のチャートでトレードします。

しかし、ロースプレッド口座は【USD/JPYFx】という銘柄を選択する必要があるのです。

ロースプレッド口座専用のチャートは取引プラットフォームのMT4にて末尾に【Fx】表記がある銘柄をチャートに追加させれば取引を始められます。

ロースプレッド口座はこんな人にオススメ!

GEMFOREXのロースプレッド口座をおすすめできるのは、以下のタイプのトレーダーです。

  • スキャルピングがトレードスタイル
  • スプレッドは最小限に抑えたい
  • 30万円の入金を問題なくできる
  • EAやミラートレードに興味がない
  • ボーナスの利用はどうでもいい
  • スプレッドを抑えてハイレバレッジトレードがしたい

ロースプレッド口座は30万円の入金ハードルとボーナスが利用できない点を覗けば非常に使い勝手が良いタイプの口座です。

海外FX業者で国内FX業者と差のないスプレッドでトレードしたい場合は、ロースプレッド口座の利用を検討する価値は充分あるでしょう。

まとめ

今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のロースプレッド口座の特徴や比較をして解説してきました。

ロースプレッド口座は最大レバレッジ1,000倍で取引手数料無料かつ最小スプレッド0.0pipという優れたスペックの口座です。

最低入金額30万円や入金ボーナスを適用できない部分はデメリットですが、その他のスペックに関しては他社海外FX業者と比較しても最候補の特徴を誇ります。

海外FX業者のECN口座を利用したいと検討しているのであれば、GEMFOREXのロースプレッド口座を第一候補に検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次