海外FXの日本語サポートの実態は?英語ができない人でも始められる海外FX業者もご紹介!

近年では、日本語対応の海外FX業者が増えてきていますが、海外の会社が運営しているのに、日本語は本当に通用するのでしょうか?

結論から言うと、日本語は普通に通用します

「そんなの当たり前!」だと思うかもしれませんが、昔の海外FX業者は、日本語対応といっても日本人が対応するのではなく、日本語ができる外国人が日本語のサポートをしていたのが実態でした。

そのため、”日本語対応可能”と記載されていて日本語で問い合わせをしても、ニュアンスの違いで質問の答えとは違う返事が返ってくることが多かったようです。

しかし現在は、日本語対応をしているほとんどの海外FX業者に日本人スタッフが1人は在籍していますので、ほぼ確実に質問の意図をくみ取ってちゃんとした返答がきます!

また、日本人スタッフが在籍していないFX業者でも、昔よりははるかに高度な日本語翻訳ができるようになっているので、日本語サポートはかなりしっかりしていますので安心してください。それに該当しない業者もいますが…..

ということで今回は、海外FXの日本語サポートについて解説していきます。日本語サポート力が劣っている業者・優れている業者についても紹介していきますので是非ご参考までに!

海外FX業者日本語サポート体制の実態

今回は、「海外FXの日本語サポート体制についてどのようなものがあるのか」という基本的なところから説明していきます!

公式サイト・取引プラットフォームの日本語変換

最近は、公式サイトや取引プラットフォーム(MT4/MT5)を日本語化している海外FX業者が増えてきています。

当サイトで紹介している海外FX業者のほとんどは、公式サイトが日本語化されています。

さらに、海外FXのほとんどが採用している取引プラットフォームであるMetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)も日本語に対応して、ストレスなくトレードが行えます。また、MT4/MT5以外にも、Tradeviewはスキャルピングに適した取引プラットフォームであるcTraderを採用していますが、こちらも日本語に対応しています。

様々なサポート体制を準備

日本語サポートの方法には、いろいろな種類があります。

最もスタンダードな方法はメールです。しかし、最近ではリアルタイムチャットサポートを導入している業者も増えてきているようです。

サポート対応時間内であれば、チャット形式で担当者がリアルタイムで質問や不明点に答えてくれる為とても画期的で便利ですよね!

サポート方法の種類と特徴について以下の表にまとめてみました。

サポート方法の種類
  • リアルタイムチャット
  • メールサポート
  • 電話サポート

窓口が多い業者であれば、用途に合わせて上記のサポートを選べますよ!

リアルタイムチャット

リアルタイムなので、ストレスなくサポートを受けられるのが最大のメリットです!

短文で解決するような質問が最も適しています。
ただし、細かな説明が必要な場合はメールサポートの方がいいので、質問の内容によって質問方法を変えることが、疑問解決への1番の近道です。

メールサポート

複雑な問い合わせや細かな説明が必要と感じる質問・不明点などはメールサポートが向いている。

電話サポート

緊急を要する場合や担当者に直接問い合わせを行いたい場合に適している。導入している海外FX業者は少ない。トレーダー側から連絡すると、国際電話通話料が発生してしまうので、"コールバック(電話の折り返し)を希望する"という申請プラットフォームを設けている業者もある。

す。

日本人スタッフが在籍している

最近では、日本語化されている海外FX業者が増えてきています。

ですが、実際に日本人スタッフを採用しているFX業者はごく一部で、日本語サービスを提供していても、日本人スタッフがおらず、微妙なニュアンスが伝わりにくいなどの問題が生じてしまう可能性が大いにあります。

一方で、日本人スタッフが多ければ多いほどサポートのクオリティも必然的に高くなるでしょう

当サイトでたびたび紹介している海外FX業者(XM Trading、Titan FX、Tradeview、FXDD、GEMFOREX)は日本語ネイティブのスタッフによるサポートを提供しています。

ほとんどの海外FX業者は日本人スタッフの具体的な人数を公表していませんが、リアルタイムチャットサポートの対応時間などでサポートスタッフの充実度を推測することができます。リアルタイムサポートの時間が平日24時間対応しているFX業者(Titan FX(タイタン FX)等)であれば、日本人スタッフの在籍人数は他の業者よりも多いと予想できますね。

一方、XM Trading(エックス エム)など、英語でのチャットサポートは24時間提供している業者でも、日本語でのチャットサポートは夜間は提供していない業者もあります。

日本語サポートのある海外FX業者を使うメリット

海外FX業者で取引していくうえで、日本語サポートの手厚い業者を選ぶことのメリットとして

  • 入出金トラブルの対応をしてくれる
  • 疑問や問題点などを気軽に相談可能
  • MT4やMT5口座へのアクセス不良時の手厚いサポート

などが挙がってきます。

入出金トラブルの対応をしてくれる

海外FXでは、なんらかの理由で入出金のトラブルが発生することがあります。
そのような場合、日本語サポートが充実しているFX業者であれば、早急に対応してもらえるので、安心できます。

特に入出金の問題は、正常に反映されないとトレーダーにとって不安要素になるので、サポート体制が整っているFX業者を選ぶようにした方がいいです。

疑問や問題点などを気軽に相談可能

口座開設を行う際や、トラブルが発生した際などは、海外FXを利用する方にとって大きな不安へとつながるはずです。

不安を抱いたままの取引では、十分な利益をあげることも難しくなります。
そのような時に、FX業者へ日本語で気軽に相談できることにより、不安要素を早急に解決できるので安心できますよね!

MT4やMT5口座へアクセス不良時の手厚いサポート

日本語サポートがあれば、MT4やMT5口座へアクセスできない際に適切なサポートを受けられます。

当然、日本語に対応していなくてもサポートは受けられますが、口座へアクセスできない時間が長くなると取引に影響を与えてしまうため、迅速な対応を期待できる日本人スタッフからのサポートが重要となってきます。

英語が苦手な人が避けるべき海外FX業者

下記3社は、日本語サポートを提供していません。

また、口座開設・本人認証の難易度が高いので、無事手続を終えて利用できる人は限られてきます。

しかし、いずれの業者もキャンペーンやボーナスにとても積極的なので、興味がある人はチャレンジしてみても良いでしょう!

けど本当に英語ができない身からすると面倒くさいのでおすすめはしないです….

instaforex

出金手続に必要な本人認証の難易度が高く、必要書類は全て自分で英語に翻訳して提出なけらばなりません。

この時点で、もう英語が苦手だったら諦めますね….
そして、さらに、instaforexは入出金方法が不便ですし、出金トラブルも比較的多いので、英語が苦手な方だけでなく、万が一の時の対応に満足いかない可能性もあるので利用は控え方がよさそうです。

口コミ


Justforex

justForexには、日本語公式サイトはあるものの日本語サポートは全くと言っていいほどありません。
そして、出金手続に必須の本人認証の難易度が非常に高く日本の公的書類は受付できないものがほとんどです。

しかし、最大3,000倍のハイレバレッジ、取引コストの安さ、120%入金ボーナスという魅力もあります!

口コミ


SuperForex

出金手続に必要な本人認証の難易度がこちらもまた高いです。

口座開設・本人認証に必要な各種書類は、基本的にすべて自分で英語に訳して英文・英語訳付きでなければ受付てもらえないのです。

また、サポートセンターも日本語に対応しておらず、日本人スタッフも在籍していません。

書類が受理され本人認証をクリアできなければ資金移動・出金制限を解除できないため、本人認証をクリアするまでは入金は絶対に控えてくださいね!

しかし、入出金方法は多彩でとても便利という利点もしっかりありますよ。

口コミ

日本語対応が優秀な海外FX業者

ここからは、海外FXで日本語サポートがある業者を5つにまとめてご紹介します。
それぞれの業者の違いについて比較しながら確認してみてください。

  1. XM Trading
  2. GEMFOREX
  3. Titan FX
  4. Axiory
  5. Tradeview

それぞれどんな特徴があるのか、比較の参考にしてみてください。

海外FX業者の中でも、日本語サポートが優秀なのがXM Trading(エックスエム トレーディング)です。
リアルタイムチャットは、担当者にわずか数秒でつながるため、早急に問題を解決することができます。

ただ、リアルタイムのチャットは日本時間午前9時〜午後9時までの提供なので、夜間の問い合わせに関しては時間がかかる点には注意してください。

GEMFOREX

当社GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、GEM GROUP社が運営している海外FX業者です。

海外FXの不便さを軽減するために、日本語のサポートに力を入れています。
海外FX業者では数少ない日本人スタッフが常駐しているため、日本語の問い合わせに対してもスムーズに対応可能です。

TitanFX

Titan FX(タイタン エフエックス)は、日本人向けのサポートを重要視している海外FX業者のひとつです。
リアルライブチャットは、平日24時間体制でサポートを提供しているので、かなり手厚いサービスと言えるでしょう。

土日のサポートはありませんが、日本人スタッフが対応してくれる点は安心感があります。

Axiory

Axiory(アキシオリー)は、ベリーズ国際金融委員会(IFSC)のライセンスを取得している業者です。

最大の特徴は、0.0Pips〜の極小スプレッドと高い約定能力。
そして、公式ホームページは日本語を含む8カ国の言語表記に対応しており、日本人スタッフが対応する日本語ライブチャットも完備されています。

Tradeview

Tradeview(トレードビュー)は、ケイマン諸島の金融ライセンスを取得している大手海外FX業者です。
日本語化されているFX業者ですが、公式サイトを見ると英語ページに比べて情報不足な点が垣間見えます。

ただメールサポートに対応しているため、日本人でも比較的使いやすい海外FX業者と言えるでしょう。

 

まとめ

英語が苦手な方や、それなりの知識をお持ちでない方が海外FX業者で取引をするなら、下記の点に注意して業者を選んでください。

  • ライブチャットまたはメール、電話によるサポートがあるかどうか
  • 公式サイトや取引プラットフォームが日本語対応されているかどうか
  • 日本人のサポートスタッフが実際に在籍しているかどうか

日本語サポートの手厚い業者を選ぶことで、より安心してトレードライフを送ることができます!

当サイトおすすめの、日本語サポートが手厚い業者は下記ボタンから口座開設ができます。

海外FX

Posted by compliance