海外FXの口座凍結を解除する方法はあるの?口座凍結を回避する方法とその対処法

もし突然、あなたのFX口座が凍結されたとすれば、あなたはどのように思うでしょうか?

このサイトを見てくださっている方の中には、もしかして、すでに「口座が凍結されてしまっていた」「どうしよう」とお思いの方もいらっしゃるはずです。

その他にも

  • どうしてわたしのFX口座が凍結されてしまったのだろう?
  • どうしたら口座の凍結は解除できるのだろう?
  • 頑張って稼いだ分は、きちんと出金できるのだろうか?

など、不安なことがたくさんあり、具体的に例をあげるとキリがありません。

FX口座が凍結される理由は、主に2つあります。
1つ目の理由として規則違反です。例えば、スキャルピングや不正な取引を行ったり、それがわざとでなくても虚偽の本人申請などを行ってしまった…..などが挙げられます。

そして2つ目の理由が、FX口座が休眠認定されてしまうことです。
ここからこれらのことを具体的に解説していくと同時に対処法もご紹介していきたいと思います。

この記事をお読みいただくだけで、自分のFX口座が凍結されるリスクを下げるために必要不可欠なことや、万が一口座が凍結されてしまった場合の対処法を知ることができます。

ですから、よろしければですが、これからFXを始めようとしている方は勉強の一環だと思ってぜひ必読していただきたいものです。それでは、具体的な理由について解説していきます。

口座凍結とは?

口座凍結とは、取引口座が有効ではなくなり、ログイン、入金、取引、出金など、お金を動かす機能が使えなくなることを指します。

海外FX口座が凍結されてしまうと

  • ログインできない
  • 入金もできない
  • 出金もできない
  • トレードもできない

というような上記の状態に陥ってしまうのです。

口座凍結される原因・理由

口座を凍結された理由や原因については、様々な理由があります、心あたりのある理由をつきとめ、それに合った対策をとりましょう。

FX業者の規約に違反した

FX業者では、規約で禁止行為を定めています。FX業者が定める禁止行為を犯してしまった場合は、その禁止行為を犯してしまった可能性があるFX口座が凍結されてしまいます。

ここからはどのような禁止行為があるのかみていきたいと思います。

主な禁止行為について、

  • 不正な取引
  • 自動売買ツールによる取引
  • 虚偽の申請によるアカウントの作成
  • 不正ハッキング

など、他にもたくさんありますが、通常の取引を行っていれば特に気になる点はありません。

しかしながら、ここで注意おくべきことがあります。

それは、通常の取引を行っていても抵触してしまう可能性がある禁止行為があるということです。

スキャルピングよね・・・
そう。その通り!
よくわかったね。

スキャルピングとは、エントリーしてから少ない時間で決済するという取引を重ねていくことです。

この場合、短時間での利益は少ないですが、この取引を長期間繰り返すことによって大きな利益となっていきます。

また、大きな損失を負う可能性も少なるという利点もあります。

多くのユーザーが禁止行為に抵触してしまいFX口座が凍結されてしまう理由の多くがスキャルピングです。

また、FX業者によっては具体的な取引の期間が明記されていない場合があるため、スキャルピングを使った取引がしたいときには直接FX業者に確認することをおすすめします。

実際には、スキャルピングは、FX業者のサーバーに大きな負担をかけてしまうため、スキャルピングを禁止行為としている会社が多いことが現状です。

一定期間取引を行わなかった

複数のFX業者でいつくかのFX口座を開設してみたという方はいませんか?

この行為は、口座が凍結されてしまう理由の1つとなってきます。

FX口座を作ってみたものの、数年間ログインしない状態でFX口座を放置してしまう状況が続くと、その口座は凍結されてしまう恐れがあるのです。

考え方によっては、最近問題の個人情報の保護や証拠金という観点から有難いことのようにも思えます。

90日間FXの取引や入出金を行わなかったFX口座はFX業者に休眠口座と判断され、一時停止状態となります。

この一時停止措置を休眠認定といいます。

休眠認定されたFX口座は、解除されるまで取引ができなくなると同時に維持手数料が月額500円かかってきます。

追加口座で取引をしている場合はこの限りではありません。FX会社の規約により多少異なったり、規約への記載がなかったりすることもありますがFX会社のサポートセンターで詳しく確認することができます。

休眠認定を受けて残高がなくなってしまい、さらに90日間経つと口座が凍結されるとことになります。

ということで口座凍結される理由は分かりましたが、これらの原因によるFX口座の凍結を防ぐにはどのような対策をとることが重要になってくるのかを見ていきたいと思います。

業者側のシステム変更・新アプリ導入等

海外FXの口座凍結の原因は、まれにブローカー側のシステム変更や新アプリの導入など、変更したことが理由のパターンもあります。

口座凍結ではなくて、ただ単にシステムが異なることがログインできない原因になりますので、解決方法につきませては各海外FX業者のおしらせなどを確認して、適切な対象方法を探りましょう。

海外FX業者の倒産

海外FX業者が倒産、倒産の危機にある場合、口座が凍結されるケースがあります。

なぜなら、出金を依頼されても、海外FX業者が倒産している、倒産の危機にあれば、出金に応じる資金がなくなってしまうからです。

口座凍結されると出金ができない?

細心の注意を払いながらFXトレードをしていても、口座凍結されてしまうことはあります。

FX会社による口座凍結時の対応は、休眠口座の認定時と違反行為発覚時の各パターンで異なる場合もあるため気を付けましょう

ちなみに、口座を凍結されてしまったとしても、メールで知らされた期日の前までであれば、自己資金を全額出金可能です

さらに期日を過ぎた場合には、業者にもよりますが、その業者側で強制出金操作を行ってくれる場合もあります。

休眠口座の認定については、FX会社によって規約に盛り込んでいないこともあるので、必ず口座開設前や取引前に確認することが大切です。

海外FXの禁止事項

スキャルピング

FX口座凍結の理由の1つが利用規約違反ですが、見落としがちな規約もあります。それは過度な回転売買禁止に関する規約です。

過度な回転売買とは、先ほども少し触れたスキャルピングトレードのことで、極めて短い時間に注文と決済を繰り返すトレードを指します。

デイトレードの場合は、1時間から数時間のスパンでトレードを行いますが、スキャルピングは1回のトレードを数秒~数分のスパンで完了させるのが特徴です。

現在はスキャルピングトレードを禁止しているFX会社が多く、スキャルピングトレードをしてしまうと口座凍結や解約に繋がります

しかし、そんなFX業者の中でも、TaitanFXXMTradingAXIORYなどの業者はスキャルピングトレードを禁止していません。

逆に、これらの業者にはスキャルピングに特化した口座を用意している業者です。その中でも、TaitanFXのZeroブレード口座が稼ぎやすさNo.1です!

他の業者と比べて0.07pips分安くスキャルピングができるんだよ
へえ~!じゃあ結構コストを抑えられるのね♪

口座凍結の心配なくスキャルピングができるうえに、より多くの利益を得るチャンスがありますので、もしFXのスキャルピングトレードを始めてみたい方は、こういったFX会社を選びましょう。

虚偽の本人確認情報での申請

FXの口座登録時に行われる本人確認では、当たり前ですが虚偽の申告をしてはいけません。

しかし、未成年など口座開設できない事情がある方の中には、他人の名義で口座開設を申請してしまう事例があります。

身内など本人以外の情報や書類を提出した場合は、もちろん口座凍結の対象となります。

また、どのFX会社でも金融商品を取り扱っている側面から、本人確認情報を厳しく管理し、審査しています。

厳しく管理しなければ、マネーロンダリングなどの犯罪に利用される危険性があるからです。

虚偽申請でFX口座を凍結されないためにも、必ず登録者本人の書類を提出して申請しましょう。

口座凍結された場合の解除方法

もし、口座凍結をされてしまった場合には、その理由によって解除できるものもあります。

今回は、口座凍結をされてしまった場合の解除方法について詳しく説明していきます!

口座凍結の解除ができない場合もあるのでその時は現実を受け入れるしかないです・・・

規約違反として扱われた場合

規約違反として扱われた場合
➡ 解除は難しいでしょう。
また口座の正確な凍結理由を把握することも難しいと思われます。

前述したような規約違反のトレードをしている方は、口座凍結解除はほぼ高確率で無理です。

新規口座の開設もできなくなるブラックリスト入りしてしまいます….

前述したような規約違反のトレードに全く心当たりがない方はサポートに該当する理由に心当たりがなく、なぜ凍結されたのかもわからないという旨を証拠とともに提示して、粘り強く交渉することで、規約違反がなければ、口座が凍結解除される可能性があります。

規約違反をしていても、嘘をついて凍結解除を依頼してくる投資家が多いので、凍結解除は一筋縄ではいかないよ
ええ~!それって本当に規約違反してない人からしたら大迷惑じゃん

休眠口座として扱われた場合

休眠口座として扱われた場合
➡ 以下いずれかの方法で解除が可能です。
1) 取引を再開する
2) 証拠金を入金する
3) サポートセンターに連絡する
※FX業者によって方法は異なります。

サポートに連絡して

「凍結されている口座番号○○の口座の利用を再開したいため、口座凍結の解除を希望します。」

と言えば、大抵の場合は口座の凍結は解除されます。

海外FX業者のルールで「一旦、口座凍結すると解除はしない」というルールの海外FX業者の場合は、サポートから再度、新規での口座開設を求められることもあります。

FX業者が倒産の危機又は倒産した場合

FX業者が倒産の危機又は倒産した場合
➡ 解除は難しいでしょう。
また、こうなってしまうとこちらからはやれることはなく、経営危機を脱してもらうしか方法はありません。

上記のような状態になってしまう前に、安全な業者にメイン口座を変更したほうがいいかもしれません。

下記の記事では、当サイトがお勧めしている安全な業者を紹介しておりますので、ご参考までにどうぞ。

まとめ

今回の記事では海外FXで口座凍結されるケースとその後のペナルティ、海外FXで凍結された口座の解除方法について解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 海外FXで口座凍結される主な原因はトレーダー側の規約違反
  • 口座凍結されるとログインやトレードができなくなる
  • 最悪の場合資金が引き出せなくなることもある
  • 規約違反による口座凍結の場合、解除できない確率が高い

海外FXで口座凍結される原因のほとんどが、規約違反によるものです。

主な規約違反は、両建てアービトラージ・スキャルピング・窓開けを狙ったトレード・重要指標を狙ったトレードです。

規約は海外FX業者によって異なるため、その都度確認が必要です。

もし、口座凍結をされてしまうと、ログイン自体ができなくなりますし、トレードも出金もできないため、サポートセンターにメール等により連絡し、口座凍結の解除の手続きをしましょう。

口座を長期間利用せずに口座凍結された場合は、比較的簡単に解除ができますが、規約違反の内容によっては口座凍結の解除ができないケースや、解除できても規約違反によって得た利益の出金ができないケースがありますので充分注意が必要です!

当サイトでは、安心安全で尚且つ、大量の利益が見込める海外FX業者を紹介しております。

当サイトおすすめの海外FX業者は下記ボタンからチェック!

海外FX

Posted by compliance