海外FXトレードはRSIを活用すれば簡単に予測できる!

RSIは、オシレーター系のテクニカル分析指標です。

オシレーター系のテクニカル分析指標は数多くありますが、その中でもRSIはFX初心者からFX熟練者まで人気があります。

もちろんRSIは知名度に合った実力があり、FXのトレード成績を上げたい場合は、RSIの使い方をマスターすれば比例していく可能性も高いです。

そこで今回は、RSIの基礎知識から設定方法、投資成績をアップさせる秘訣に加えて注意点まで知りたい情報を完全網羅しました。

当記事で学べる内容
  • RSIの基本知識
  • RSIの計算式
  • RSIの有効的な活用方法
  • RSIの売買サインの見方
  • RSIで成績を上げる方法

下記記事もご参考までに!

目次

RSIとは?

RSIの正式名称は「Relative Strength Index」、日本語訳は「相対力指数」です。

開発者はアナリストのJ.ウェルズワイルダー。

彼が1978年に出版した「New Concepts in Technical Trading Systems」にてRSIは提唱されました。

また、J.ウェルズワイルダーは「Technical Analysis of Stocks and Commodities」でテクニカルアナリストの優秀者とも称され、テクニカル分析指標を代表する開発者です。

RSIを優しく表現すると、「市場の強弱が判断できるツール」だよ

たとえば、ある金融商品の価格に対して「買い過ぎ」や「売り過ぎ」を数値に示します。

数値は0~100%の範囲内!

100%に近づけば近づくほど「買い過ぎ」の状態が強くなります。

このようにRSIは一目で市場の状態を把握でき、誰でも使いやすく役に立つテクニカル分析指標です。

RSIがもたらす効果

RSIは、市場の圧力あるいは投資家心理を数値化しています。

市場は投資家の心理が反映した結果です。

たとえば、「まだ安い」と多くの投資家が考えれば価格は上昇しますし、「もう高い」と多くの投資家が考えれば価格は下落します。

もしも「まだ安い」や「もう高い」を瞬時に判断できればエントリーポイントは自ずと見えてくるでしょう。

その判断の目安を数値化して見せてくれるテクニカル分析指標がRSIです。

単にチャートや価格を見ても「まだ安い」や「もう高い」を判断することは至難の業ですが、RSIであればその基準を数値で見せてくれるので簡単に判断できます。

市場の投資家心理を把握する、そのうえでエントリータイミングが判断できる、それこそがRSIがもたらす効果です。

数値化してくれるのはすごくありがたいですねえ

RSIの計算式

RSIは○日間の値上がり幅の平均値で表します。

たとえば、10日間とか20日間とか、○日間は設定によって異なります。

そのことを踏まえたうえでRSIの計算式は以下のとおりです。

RSI計算式

RSI=○日間の値上がり幅の平均値+○日間の値下がり幅の平均値×100

以上の計算式でRSIの数値が決まります。

なんだかややこしいと感じたのではないでしょうか。

断言しますが、RSIの計算式を知る必要はないですし、計算式を知っていても収益に直結することは一切ありません。

つまり、知識としてRSIの計算式を知っておいて損はないですが、知らなくてもRSIで収益を上げられるので安心してください。

よかった~、私計算苦手だから…

RSIの使い方

RSIの使い方を動画にて解説します。

RSIの使い方がまだよくわからない場合は、動画を見るほうが理解しやすいため、ぜひ確認してみてください。

RSIの表示方法と数値

RSIの表示方法は各取引プラットフォームにより違います。

ここではパソコン版のMT4/MT5とスマホ版のMT4/MT5そして最近人気の取引プラットフォームTradingViewでRSIの表示方法を解説していきます。

また、最後にRSIで設定する数値も解説しますので、利用する取引プラットフォームにRSIを設定したあとは数値の項目をご覧ください。

パソコン版MT4/MT5でRSIを表示する方法

パソコン版MT4/MT5でRSIを表示する方法

MT4/MT5にログインします。

挿入をクリックします。

オシレーターをクリックします。

RelativeStrenghtIndexをクリックします。

以上でパソコン版MT4/MT5でRSIの設定は終わります。

スマホ版MT4/MT5でRSIを表示する方法

パソコン版MT4/MT5のfボタン

MT4/MT5のチャート画面上部の「f」マークをタップします。

インディケータのオシレータの中のRelativeStrengthIndex

インディケータのオシレータの中からRelativeStrengthIndexをタップします。

以上でスマホ版MT4/MT5でRSIを設定できます。

TradingView でRSIを表示する方法

TradingViewにログインします。

スマホ版TradingViewの説明

インジケーターをクリックします

テクニカルをクリックします。

インジケーターの中からRSI(相対力指数)を選びクリックします。

以上の手順でTradingViewのチャート画面にRSIを設定できます。

スマホ版TradingViewでRSIを表示する方法

スマホ版TradingViewのインジケーターの場所

スマホ版TradingViewの画面上部の「インジケーター」をタップします。

スマホ版TradingViewのRSIの場所

テクニカルをタップします。

インジケーターの項目からRSI(相対力指数)をタップします。

以上でスマホ版TradingViewのRSIを設定できます。

RSIで設定する数値

RSI設定数値

RSIにて入力できる数値は、期間と下限設定/上限設定です。

期間の初期設定は14です。

これはRSI考案者のJ.ウェルズワイルダーが示した数値ですが、変更しても構いません。

ただし、期間を短くすればするほどダマシが頻発しますし、逆に期間を長くすればするほどトレード機会が減ってしまいます。

また、下限設定/上限設定はなんらかの理由がなければ触る必要はありません。

基本的にRSIを利用する多くのトレーダーは初期設定を活用しているぞっ!

特に理由なく設定を変更しても有効化する保証はないので、まずは初期設定でトレードしてみてはいかがでしょうか。

RSIの見かた

RSIの見方

RSIの見方はとてもシンプルです。

RSIの右端に「100」「70」「30」「0」の数値があります。

現在のグラフ(上記画像では青い線)を基準に市場の「買い過ぎ」「売り過ぎ」を判断。

一般的に

  • 「70以上は買い過ぎ」
  • 「30以下は売り過ぎ」

を示しています。

価格推移のすべてがRSIのとおりに進むわけではないですが、70や30付近をRSIが示した際には、売買のタイミングを検討する理由付けになるでしょう。

RSIを使う時のポイント

RSIはすべての相場に対応したテクニカル分析指標ではありません。

市場心理を反映するタイプのテクニカル分析指標のため、極端に価格推移がなかったり急激な変動だったりに対応するのは苦手です。

RSIが得意とする相場は、緩やかなトレンド相場やレンジ相場です。

つまり、すべての相場環境においてRSIを使うのではなく、得意とする相場でのみRSIを活用することが収益に直結するポイントです。

その他にも、RSIを使う際には下記の点にポイントを置いてトレードしてみてください!

  • 10・50・30%のラインを有効活用
  • レンジ相場でのみ使用
  • 中期・長期の取引で活用

70・50・30%のラインを有効活用

70・50・30%のライン

RSIの70・50・30のラインはトレードで意識するべきラインです。

先に説明したとおり

  • 70以上は買い過ぎライン
  • 30以下は売り過ぎライン

上記は基本的な見方になり、各ライン到達時には売買を検討するタイミングです。

一方、50のラインも売買で有効活用できます。

具体的に50のラインを上手に活用する方法は「50のラインは売買しない」という方法。

50という数値はRSIにとって「上昇も下降もあり得る」ラインだからねえ

市場心理では「どうしようか」と迷っているラインになるため、そのような曖昧な部分で売買するのは得策ではありません。

順張りでも逆張りでも、あるいはレンジ相場でもトレンド相場でも、中途半端なところで売買してしまうと無駄な損切りや利確の原因です。

RSIの50のラインはトレードしない、それだけでもRSIを有効活用する第一歩になるでしょう。

レンジ相場でのみ使用

RSIはレンジ相場に強いテクニカル分析指標です。

相場には、レンジ相場とトレンド相場があり、実は相場の大半はレンジ相場と言われています。

実際、急激な為替変動が頻繁に起きてしまうと、通貨としての信用性が低くなるんだ…

また、通貨の安定性から米ドルや円といったメジャー通貨のほうがレンジ相場を形成していることが多いです。

つまり、安定した通貨あるいはレンジ相場と明らかに判断できる場合はRSIが活躍します。

しかし、相場は常にレンジ相場とは決まっておらず、トレンド相場や急激な為替変動が起きるとRSIは機能しづらく役に立たないと感じる場面が増えるでしょう。

対策としては、RSIをレンジ相場のみで活用する、という方法が最も確実な解決策です。

強いトレンド相場に移行したときは、RSI以外のテクニカル分析指標に切り替えるといった柔軟な対応が求められます。

中期・長期での取引で使用

RSIは中期・長期の取引で使用を限定したほうが無難です。

理由は、短期取引の場合、RSIのダマシが頻発するためです。

たとえば、「RSIの70以上は買い過ぎだから売りでエントリーする」という考えは間違っていませんが、短期取引では頻繁に70以上に達してしまいます。

たいした値動きが起きていないのに70以上や30以下になり、場合によってはスプレッドすら超えていないケースもあり得るでしょう。

このようにRSIの数値は短期取引ではあまり意味がないこともあり、中期・長期そのうえでレンジ相場や緩やかなトレンド相場に限定した活用をおすすめします。

RSIの売買サイン

RSIの売買サインはトレーダーにより異なります。

一般的にRSIの売買サインは以下の3種類に分けられます。

  • 80以上で売り、20以下で買い
  • 75以上で売り、25以下で買い
  • 70以上で売り、30以下で買い

それではRSIの売買サインについて個別に解説していきましょう。

RSIの売りサイン

通常RSIの売りサインになる数値は以下の3種類です。

  • 80以上で売りサイン
  • 75以上で売りサイン
  • 70以上で売りサイン

数値が上がるほど売りでエントリーする回数は減りますが、信頼度は上がります。

逆に数値が下がるほどエントリーする回数は増えますが、信頼度は下がってしまいます。

いずれかが絶対に正しいわけじゃないから、トレードスタイルと合致した数値を選ぼう!

たとえば、長期取引でRSIを活用する場合は、数値が高いと売りでエントリーする機会がなさすぎて機会損失につながる、といったケースが考えられます。

逆に短期売買でRSIを活用する場合は、数値が低いと売りでエントリーする回数が増えすぎてダマシやスプレッド負けが頻繁に起こる可能性があります。

ただ、海外FXはスプレッドが広い傾向にあり、なるべく長期取引でRSIを利用するほうが性質上でもスプレッド(実質取引手数料)でも収益向上に直結しやすいでしょう。

RSIの買いサイン

通常RSIの買いサインになる数値は以下の3種類です。

通常RSI買いサイン
  • 20以下で買いサイン
  • 25以下で買いサイン
  • 30以下で買いサイン

買いサインでも売りサインと同じく、数値が上がると信頼性は高まりますがトレード回数が減って機会損失になり得ます。

買いサインに関してもいずれかが絶対に正しいわけではなく、自身のトレードスタイルが長期取引なのか短期取引なのか考えたうえで選びましょう。

ただし、売りサインの項目でも説明しましたが、海外FXはスプレッドが広い傾向です。

そのためなるべく取引回数を減らしてスプレッドの支払いを少なくする中・長期取引がおすすめです。

平均スプレッド総まとめ

RSIを使った取引手法

RSIを使った代表的な取引手法は以下の3種類です。

  • RSI50突破の取引手法
  • RSIゾーン・エグジットの取引手法
  • RSIダイバージェンスの取引手法

RSIで一般的に言われる30で買い、70で売りだけでは利益になりづらいです。

上記の3種類の取引手法を覚えることでRSIを用いた勝率アップに直結します。それでは各取引手法について個別に詳しく解説していきましょう。

RSI50突破の取引手法

通常RSIは逆張りに使われるテクニカル分析指標ですが、順張りにも使う方法があります。

順張りに使う場合は、RSIの50のラインを突破したときに追従していくだけです。

たとえば、価格が下落している状態でRSIの50を割ってきた場合、売りでエントリーします。

これがRSIを使った順張りの取引手法。

さらに精度を上げるためにRSIの55前後の位置で売りエントリーや45前後で買いエントリーといった方法も可能です。

逆張りに比べて順張りは価格についていくので大きな利益は狙いづらいですが、大きな損失にもなりづらいのでFX初心者にはおすすめです。

RSIゾーン・エグジットの取引手法

RSIのゾーン・エグジットの取引手法も順張りに近い考えです。

たとえば、RSIの70のゾーンに突入しても一旦様子を見ます。

そのまま80のラインまで到達して価格が下落、70のラインも抜ける、そこで売りエントリーします。

買いエントリーの場合はRSIの20/30を抜けてからエントリーします。

このようにRSIのゾーン・エグジットとは、売り過ぎや買い過ぎのゾーンを抜けてから売買エントリーをする取引手法です。

RSIの「70にタッチしたから」「30にタッチしたから。という理由で即エントリーしていては、どうしてもダマシに遭ってしまいます。

RSIのゾーン・エグジットは価格の流れを見る余裕があるので飛びついて失敗した、という確率を下げられるでしょう。

RSIダイバージェンスの取引手法

RSIのダイバージェンスの取引手法

RSIのダイバージェンスの取引手法は以下のとおりです。

  • 価格は上昇しているがRSIは下降している
  • 価格は下落しているがRSIは上昇している

上記の状態はRSIのダイバージェンスです。

価格とRSIが相反した状態のとき、ダイバージェンスの取引手法に従えばRSIに向かって価格が反転していきます。

たとえば、価格は上昇した状態でRSIは下降している、この場合は価格が下落していきます。

ということは、売りでエントリーするポイントになりますね!

RSIのダイバージェンスを知っておけば、RSIの30や70にタッチしなくてもエントリーするポイントが増えます。

RSIを使うときの注意点

RSIを使うときは以下の2種類の注意点は絶対に覚えておくべきです。

  • 相場の判断を誤ると危険
  • RSIのみで判断するのには注意

特にFX初心者やRSI取引に慣れていないトレーダーは陥りやすい注意点です。

大事なポイントにもなるので、詳しく解説していきましょう。

相場の判断を誤ると危険

RSI注意点

RSIは基本的にレンジ相場や緩やかなトレンド相場で効力を発揮します。

しかし、相場の判断はトレーダーに委ねられます。

レンジ相場だとトレーダーが判断しても実際はトレンド相場、ということは珍しくありません。

「長期視点ではトレンド相場でも短期視点ではレンジ相場だった」はFXあるあるです。

このようにトレーダーがそもそも相場の判断を誤った状態ではRSIを上手に活用できないので注意しましょう。

RSIのみで判断するのには注意

RSIのみで売買エントリーポイントやレンジ相場/トレンド相場を判断するのは危険です。

RSIはすべての相場に対応できるテクニカル分析指標ではないからなぁ

テクニカル分析指標やファンダメンタルズ分析を複数活用して、売買エントリーポイントや相場の状態を判断するようにしましょう。

RSIだけ参考にして利益を得ることは可能ですが、他の視点を持つことでより確実に利益を上げていける可能性があるということです。

RSIと相性の良い組み合わせ

RSIは他のテクニカル分析指標と組み合わせて使えばより勝率が高まります。

ここでは、RSIと相性の良いテクニカル分析指標を紹介します。

  • RSI×一目均衡表

それでは上記の組み合わせの使い方を詳しく解説していきます。

RSIと相性の良い一目均衡表を組み合わせる

RSIはレンジ相場に強いテクニカル分析指標です。

一方で、一目均衡表はトレンド相場に活躍するテクニカル分析指標。

先に説明しておきますが、RSIの弱点であるトレンド相場に一目均衡表を使うというわけではありません。

一目均衡表はレンジ相場のときに「雲」が薄くなる特徴があります。

雲

上記の画像でも一目均衡表の雲は薄く価格は雲を挟んで上下に行ったり来たりしています。

この行ったり来たりの状態こそがレンジ相場の特徴です。

つまり、レンジ相場を一目均衡表(雲)で判断して、レンジ相場を得意とするRSIでエントリータイミングをはかる方法です

レンジ相場の判断さえできればRSIの実力を発揮できるため、あとはエントリータイミングを待つだけです。

まとめ

今回はRSIに関する基礎知識から応用、そして注意点やおすすめの取引手法まで解説してきました。

RSIは市場の心理を探るのに役立つテクニカル分析指標。買い過ぎや売り過ぎの判断が数値で確認できるため、エントリーポイントや利確ポイントを一目で把握できます。

また、RSIはレンジ相場に強い特徴がある一方、トレンド相場は弱い傾向にあるので注意が必要です。

最後に、このページで解説したRSIの重要ポイントをまとめておきましたので、おさらいのつもりで確認してください。

RSIのまとめ
  • RSIはMT4/MT5/ TradingViewで使える
  • RSIはレンジ相場に強い
  • RSIは初期設定のまま使える
  • RSIの30/70%は買い過ぎや売り過ぎのポイント
  • RSIと一目均衡表の組み合わせは相性が良い

以上、RSIで知っておくべき情報を解説しましたので参考にしてください。

RSIを活用してトレードしたいとお考えの方はXMを利用するのがおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次