海外FXで人気のストキャスティクスとは?設定方法も画像付きで掲載中!

1950年代に米国のジョージ・レーンが考案したストキャスティクス。

数あるテクニカル分析指標の中でもトレーダーの人気が高く利用者も多いです。

しかし、ストキャスティクスの基本設定や上手く活用する方法、あるいはトレードでのちゃんとした使い方を知らなければ有効活用はできません!

そこで今回は、ストキャスティクスの基礎知識から実際にトレードに活用するための応用編まで徹底的に解説します。

これからストキャスティクスを使ってトレードを始める予定の方は、ぜひ最後まで確認して知識を深めてみてはいかがでしょうか?

当記事で学べる内容
  • ストキャスティクスの基礎知識
  • ストキャスティクスの使い方
  • ストキャスティクスの計算式
  • ストキャスティクスの数値の意味
  • ストキャスティクスのメリット・デメリット
  • ストキャスティクスを取引プラットフォームに設定する方法
目次

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスとは、テクニカル分析指標のオシレーター系に属しています。

買われ過ぎや売られ過ぎがラインを見るだけで把握できるから、直感的に売買のタイミングを図れるんだよ。

具体的には、三本の線【「%K=一定レンジ内の最高値と最安値の間」「%D=%Kの動きを平均化したもの」「Slow%D=%Dの動きを平均化したもの」】から成り立ち、0%~100%の数値で表します。

たとえば、70%~100%は買われ過ぎ、0%~30%は売られ過ぎ、という設定を理解しておくだけでも売買の参考になります。

70%~100%は買われ過ぎ、0%~30%は売られ過ぎですね!絶対忘れません

また、「%K」は価格変動に素早く対応しますが、騙しも頻発に起きるデメリットがあります。

その対処法として「%D」と「Slow%D」を組み合わせて見るスローストキャスティクスという方法もあります。

なんだか数字ばっかりで難しそうに見えるけど…

そんなことは無いさ!

簡単にスローストキャスティクスを表現すれば、売買における「値ごろ感」を数値に表したものという風に考えれば親しみやすいのではないでしょうか。

海外FXにおけるストキャスティクスの意味

海外FXは一般的にスプレッドが高い傾向にあり、スキャルピングよりもデイトレードやスイングトレードのほうがコストを抑えることが可能です。

実は、ストキャスティクスはデイトレードスイングトレードに向いたテクニカル分析指標で、海外FXと相性が良いです。

たとえば、ストキャスティクスの【%K】は騙しが多いと一般的に言われます。

一方、デイトレードやスイングトレードで参考にする4時間足や日足は騙しが少ないです。

逆に1分足や5分足といった短い時間足は騙しが頻発します。結果的にストキャスティクスの【%K】だけでは正直ほぼ役に立ちません。

また、【%D】と【Slow%D】に関してもやはり短い時間足よりも長い時間足のほうが騙しは減るため、いずれにせよデイトレードやスイングトレードに向いています。

このように海外FXのスプレッドコストからデイトレードやスイングトレードで取引することが多いため、結果的にストキャスティクスを有効活用しやすい環境になります。

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスは一見すると使い方が難しく思えるかもしれません。ここではストキャスティクスの使い方に関する動画を用意したので参考にしてください。

ストキャスティクスの見方

ストキャスティクスはレンジ相場やトレンド転換時の判断材料になりやすい一方、トレンド発生時における信頼度は低いです。

上昇トレンド中に売られ過ぎのラインまで達しても押し目にしかならない場合や、逆に下降トレンド中に買い過ぎのラインまで到達しても戻り売りになる場合があります。

たとえば、以下の画像はレンジ相場におけるストキャスティクスの売買サインです。

レンジ相場におけるストキャスティクスの売買サイン

ストキャスティクスの買い過ぎや売られ過ぎの売買サインが機能しています。

次の画像はトレンド時におけるストキャスティクスの売買サインです。

トレンド時におけるストキャスティクスの売買サイン

トレンド転換時は綺麗に反応していますが、上昇トレンド発生時における買い過ぎサインは押し目を作られて価格がすぐに更新されています。

このように複数のテクニカル分析指標を組み合わせたり使いどころを選んだりして正しい見方を身に着けるようにしましょう。

なるほど。ストキャスティクスだけですべてのトレードが賄えるわけではないのですね

ストキャスティクスの売買サイン

ストキャスティクスの売買サインは、【70%~100%は買われ過ぎ】【0%~30%は売られ過ぎ】という判断材料だけではありません。

もちろんそれだけでも使えますが、それだとエントリー回数が少なくなり、トレンド転換時の初動に乗れずに利益を伸ばせないというケースも多々あります。

そこでストキャスティクスの線を活用した二種類の方法があります。

  • デッドクロス
  • ゴールデンクロス

移動平均線(EA)ではデッドクロスやゴールデンクロスはよく聞きますが、ストキャスティクスでも同じような使い方をします。

デッドクロス【DC】

ストキャスティクスのデッドクロス(DC)は、【%D】が【%SD】に追い抜かれた部分です。

デッドクロス

上記の画像では緑ラインの%Dが赤ラインの%SDを下回っているところです。

毎度このように美しくデッドクロスが決まるわけではなく、デッドクロス後にすぐゴールデンクロスになる場合もあります。

特に短時間足のデッドクロスは頻発するため、騙しに遭う確率が上がるので注意しましょう。

ゴールデンクロス【GC】

ストキャスティクスのゴールデンクロス(GC)は、【%D】が【%SD】を追い抜いた部分です。

ゴールデンクロス

上記の画像では緑ラインの【%D】が赤ラインの【%SD】を上回っているところです。

デッドクロス同様にゴールデンクロスも毎回そうなるわけではなく、すぐにデッドクロスしてしまう場合もあります。

特に下降トレンド中におけるゴールデンクロスの信頼性は低く、トレンド転換か否かの見極めがトレーダーの力量にかかります。

ストキャスティクスのデッドクロスやゴールデンクロスだけではすべての相場に対応できるわけではないため、ひとつの相場判断の目安に使うことが大事です。

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、ストキャスティクスのようなオシレーター系のテクニカル分析指標で確認できるレートとの逆行現象を指します。

ダイバージェンスを見つけることができれば、相場転換のサインを把握しやすいです。

つまり、トレンド発生の初動に乗れる確率が高まる方法と言えますね!

つまり、トレンド発生の初動に乗れる確率が高まる方法と言えますね!
ダイバージェンスという逆行現象

上記の画像のようにチャート上のレートは更新していてもストキャスティクスは下がっている状態、これこそがダイバージェンスという逆行現象です。

画像でも上昇トレンドが下降トレンドに転換しており、ダイバージェンスを確認できたトレーダーであればポジションを変更または新規エントリーしている可能性が高いです。

このようにダイバージェンスの現象を理解しておけばストキャスティクスをより有効的に活用できるようになるでしょう。

ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスは、以下の計算式で成り立っています。

ストキャスティクスの計算式

【%Kの計算式】=(当日の終値-過去N日間の最安値)÷(過去N日間の最高値-過去の最安値)×100

このように「%K」は設定した期間の値幅を100として現在の水準はどのくらいかを示した数値になり、設定した期間の最高値と最安値そして現在のレートで算出しています。

  • 「%Dの計算式」=%KのN日間を移動平均化したもの
  • 「Slow%Dの計算式」=%DのN日間を移動平均化したもの

実は、ストキャスティクスの計算式を知らなくてもストキャスティクスは使えるんだよ

ただストキャスティクスは設定する期間を自由に変更することもでき、そういった際に計算式を知っておけばより扱いやすくなることは言うまでもありません。

ストキャスティクス使用時の注意点

ストキャスティクスを使用するときの注意点は、ここまで何度も説明してきましたが『騙し(ダマシ)』です。

特に「%K」を用いたファストストキャスティクスは頻繁に騙しがあり、使い物にならないと感じるかもしれません。

対処法は、騙しを少しでも減らせるスローストキャスティクスのみ利用したり、他のテクニカル分析指標やファンダメンタル分析を組み合わせたりして使うことです。

それでも絶対に騙しに遭わないということはなく、そのときは「仕方ない」と割り切ることも大事でしょう。

利確は最速で行う

ストキャスティクスはテクニカル分析指標でファンダメンタル分析とは異なります。

ファンダメンタル分析であれば一国の政策を長期的に考えて投資しますが、ストキャスティクスのようなテクニカル分析指標はその時その時で変化していきます。

変化していく状態のテクニカル分析指標でポジションを持ち続ける必要はありません。

一定期間の目安はエントリー前に立てておくにしても、ストキャスティクスや相場の状況が変わればすぐに利確するべきです。

また、重要経済指標(例:米国雇用統計やFOMC等)にはストキャスティクスやテクニカル分析指標はほぼ役に立たず、発表前に利確しておくことが大事です。

つまり、含み益]  = 利益という考えは捨て、利確して初めて利益になるという意識を持つようにしましょう。

ストキャスティクスの設定方法

ストキャスティクスは取引プラットフォームによって設定方法が異なります!

ここでは主要取引プラットフォームの以下3種類のストキャスティクス設定方法を紹介します。

  • MT4(MetaTrader4)
  • MT5(MetaTrader5)
  • TreadingView

それでは、上記3種類の取引プラットフォームにおけるストキャスティクスの設定方法を詳しく解説していきましょう。

MT4への設定方法

MT4(MetaTrader4)は、標準でストキャスティクスを提供しています。

チャート上にストキャスティクスを表示させる方法は、以下の4つのステップで完了です。

1. 挿入を選択
2. インディケータを選択
3. オシレーターを選択
4. Stochastic Oscillatorを選択

挿入ボタン説明

次にストキャスティクスで表示する期間を設定

次にストキャスティクスで表示する期間を設定!
MT4パラメーター

基本の設定は以下の数値です。

  • %K=5
  • %D=3
  • スローイング=3

次にスマホ版のMT4でストキャスティクスを表示させる方法も開設しておきます。

スマホ版のMT4でストキャスティクスを表示させる方法

MT4画面上部の「f」をタップ

Stochastic Oscillatorの説明

インディケータの中からオシレータにあるStochastic Oscillatorをタップします。

ストキャスティクス数値設定

数値を設定して画面右上の完了をタップすればチャート上に表示されます。

ストキャスティクスに慣れてきた場合は、設定する数値を変更しても問題ありません。

しかし、基本は多くのトレーダーが利用するデフォルトのほうが使いやすいでしょう。

また、MT4のストキャスティクスの線は2本しか表示されず、ストキャスティクスは3本の線で成り立っているのではないか、と疑問を感じるはずです。

最初のほうで説明しましたが、ストキャスティクスはファストストキャスティクスとスローストキャスティクスがあります。

そして、一般的に使用されるのは騙しが少ないと言われるスローストキャスティクスで、MT4はこちらを基準に作成しています。

それでもファストストキャスティクスでトレードしたい場合は、スローイングの数値を1にすれば表示できます。ちなみに2以上の数値にすればスローストキャスティクスです。

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスのどちらを参考にするのかはトレーダー自身なので自由に設定してみてください。

MT5への設定方法

MT5【MetaTrader5】もMT4【MetaTrader4】同様に、標準でストキャスティクスを提供しています。

設定する方法も同じです。

MT5設定方法紹介
  1. 挿入を選択
  2. インディケータを選択
  3. オシレーターを選択
  4. Stochastic oscillatorを選択

また、数値も同じですし、表示されるのも2本線だけです。

MT5数値入力

MT4同様にスローイングを1にすればスローストキャスティクスをファストストストキャスティクスに変更できます。

スマホ版に関しては画面も同じなのでMT4の項目で解説したものを参考にしてください。

tradeviewへの設定方法

TradingViewにストキャスティクスを設定する方法は、以下のとおりです。

  1. インジケーター※からテクニカルを選ぶ(MT4or5ではインディケータ)
  2. インジケーターの項目からストキャスティクスを選ぶ
TradingViewにストキャスティクスを設定する方法

画面上部のインジケーターをクリックすると「インジケーター、指標、ストラテジー」の項目が展開されます。

テクニカルからインジケーターを選び、STOCH(ストキャスティクス)をクリックすればチャート上にストキャスティクスが表示されます。

TradingView設定ボタン

ストキャスティクスを右クリックして「設定」を選びます。

TradingViewストキャスティクス

数値は自由に設定して問題ありません。

他に注意点は、TradingViewになるSTOCH(ストキャスティクス)とSTOCHRSI(ストキャスティクスRSI)は異なるので間違って表示させないようにしましょう。

また、TradingViewはスマホアプリ版を提供しています。スマホアプリ版にストキャスティクスを表示させる方法は、以下の手順を参考にしてください。

インジケーター選択紹介

画面右上のインジケーターをタップします。

ストキャスティクスボタン

切り替わったテクニカルのインジケーターからSTOCH(ストキャスティクス)をタップします。

ここでもSTOCHRSI(ストキャスティクスRSI)と間違ってタップしないように注意しよう!

TradingView設定アイコン

チャート画面のストキャスティクスの部分で長押しすると設定マークの歯車が表示されるのでタップします。

TradingViewパラメーター入力

切り替わったストキャスティクスの数値設定画面で自由に数値を入力して、最後に画面右下の「OK」ボタンをタップすれば設定は終わります。

ちなみにTradingViewでは「%KSmoothing」の数値を1にした場合はファストストキャスティクスになり、2以上の数値に設定すればスローストキャスティクスが表示されます。

ストキャスティクスと相性の良いインジケーターは?

ストキャスティクスとMACDのコンビが最強!

MACDもトレンドの転換を読み取るのに使うオシレーター系のインジケーターです。

これから紹介するのは、MACDはトレンドの転換を読み取り、ストキャスティクスは相場の買われすぎ、売られすぎという相場の強弱を読み取るという特徴を生かした手法です!

ストキャスティクスとMACDを組み合わせるメリット

ストキャスティクスは相場の買われすぎ、売られすぎという相場の強弱を読み取るという特徴がある為、有利な逆張りポイントの早期発見に強いです。

しかしながら、売買シグナルが多すぎるというデメリットも持ち合わせていましたよね?

つまり、ストキャスティクスにMACDの売買シグナルを組み合わせ多すぎる売買シグナルをふるいにかけることが狙いだ!

ストキャスティクスには【トレンドの概念】が存在しないため、移動平均線の乖離幅を利用しているMACDとの組み合わせが絶妙に良いのです。

ストキャスティクス+MACDのエントリー方法

以下がストキャスティクス+MACD攻略法のエントリー手順です。

エントリー手順
STEP
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロス確認
STEP
MACDのゴールデンクロス・デッドクロス確認
STEP
エントリー

たったの3ステップ!意外と簡単ですねっ

ストキャスティクス+MACDのエントリーポイント

この手法において最も重要な部分は、ストキャスティクスとMACDの両方でゴールデンクロス・デッドクロスを確認することです。

  • ストキャスティクスの【%K線】
  • ゴールデンクロス・デッドクロス【%D線】

さらに、MACD線のゴールデンクロス、デッドクロスです。

上の画像は、2つのインジケーターでゴールデンクロスが出ているので、ハイエントリーだ

ストキャスティクスとMACDを組み合わせたこの手法はかなりおすすめですので、ぜひ挑戦してみてください!

まとめ

今回はテクニカル分析指標のオシレータのストキャスティクスに関する情報を詳しく解説してきました。

ストキャスティクスは一目見るだけで買い過ぎや売られ過ぎがわかり、エントリータイミングを瞬時にはかることができます。

一方、騙しに遭う確率が高く、ただストキャスティクスを見るだけですべてのトレードが上手くいくわけではありません。

他のテクニカル分析指標やファンダメンタルズ分析を有効的に活用して、少しでも騙しに遭う確率を下げるようにしましょう。

また、利益はスムーズに確定して海外FXでは定期的に出金していくことが大事です。

特にハイレバレッジトレードになりがちな海外FXは一瞬で含み益が消えることも珍しくないため注意が必要です!

まずは口座開設ボーナスの10,000でトレードに挑戦

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次