【最新版】TaitanFX入金方法をご紹介!あなたにピッタリの入金方法教えちゃいます

2021年12月20日

TitanFXには4つの入金方法があり、それぞれに特徴があります。

TitanFXを使ってみようかな~とお考えの方の中には、どんな入金方法があるのか?

そして、一体どの入金方法が自分に合っているのか気になっていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

今回の記事では、TitanFXのおすすめの入金方法について詳しくまとめていますので、ぜひご参考までに。

TitanFXの入金方法一覧表

入金最低額入金最高額繁栄時間手数料
国内銀行送金10万円1000万円1時間~1営業日無料
VISA/Mastercard1円1000万円即時無料
AMEX$1ドル$800ドル即時無料
JCB$1ドル$2000ドル即時無料
Bitwallet110円1000万円即時無料
STICPAY3000円1000万円即時無料

上の表は、TitanFXの入金方法と入金最低額・反映時間をまとめたものです。

入金手数料がすべて無料なのが良いですね!

この表をもとに、TitanFXの入金方法について説明していきます。

TutanFX入出金時のルール

TitanFXでは、入金をするにあたっていくつかのルールが存在します。

これを把握しておかなければ、入金の反映が遅れたり、最悪の場合できないこともありますので注意をしてください!

それでは説明していきます。

入金方法で扱えない通貨がある

TitanFXには、実は通貨によって利用できない入金方法があります。

下の表から事前に確認して、自分の使いたい通貨が扱える入金方法を選ぶことが大切です。

豪ドルやシンガポールドルなど他のFX業者ではあまり扱っていない通貨もあります。

日本円ユーロ米ドル豪ドルシンガポールドル
国内銀行送金
VISA/Mastercard
AMEX
JCB
Bitwallet
STICPAY

入金は取引口座の登録名義で行う

入金をする際は、必ず取引口座の登録名義で行うようにしてください!

不正な入金を防ぐための仕様になっているんだ

異なる名義で入金を行った場合、出金が出来なくなる場合がありますので、くれぐれも異なった名義で入金しないよう確認しましょう。

入金と同じ方法で出金しなければならない

TitanFXには、入金方法と同じ手段で出金しなければならないというルールが存在します。

他のFX業者にも多い、入出金のルールなのですが、入金の仕方によって出金方法も決まるのでそこも自分に合っているのかどうか見ていく必要がありますね。

クレジットカードは出金が入金額までしかできないので、そこの部分は十分考慮して入金方法を選んでいく必要があるかもしれません。

おすすめの入金方法

TitanFXの入金方法はそれぞれ大きく特徴があります。

ここでは、重視するポイント別におすすめの入金方法をご紹介していきます。

スピード重視

口座反映のスピード重視であれば、クレジットカード・Bitwallet・STICPAYの3つになります。

どれも入金と同時に口座に反映されるので、口座に入金と同時に取引を行いたい方はこれらの入金方法で入金を行いましょう。

手数料重視

TitanFXの手数料は、どの入金方法でも手数料は無料になります。

手数料無料で入金を行いたい方には、最高のFX業者といえますね。

その他の業者の取引手数料やコストについてはこちら

利便性重視

TitanFXで入金方法が最も簡単で使いやすいのは、国内銀行送金になります。

銀行に行く、またはATMやインターネット口座から直接入金すれば完了します。

反映時間も1時間ほどで反映されるので、急いで取引する必要がないのであれば国内銀行送金がおすすめです。

ATMからの入金だとなんだか安心できるわね~

安全性重視

安全性を重視するのであれば、国内銀行送金・クレジットカードになります。

STICPAYはこのTitanFXの4つの入金方法の中では、まだこじん情報の取り扱いの部分で不透明なところがありますので、安全性第一であれば他の入金方法をおすすめします。

海外FXの安全ではない業者・安全な業者のご紹介はこちら

多通貨で資金運用する場合

多通貨で入金を行いたい場合は、国内銀行送金以外を選ぶのをおすすめします。

国内銀行送金は日本円以外の通貨に対応していません。

他の入金方法であれば、米ドル・ユーロのほかに豪ドルやシンガポールドルなどの通貨にも対応しています。

通貨ペアについて詳しく知りたい方はこちら

少額で入金する場合

TitanFXで少額から取引を行いたい場合は、クレジットカードかBitwalletをおすすめします。

クレジットカードは1円からでも入金できますし、Bitwalletの場合は110円からと非常に少額から入金することが可能なのです。

少額からレバレッジをかけて取引したい方には非常におすすめな入金方法になります。

ハイレバレッジで取引できる業者一覧

TitanFXの入金方法

ここからは、TitanFXの入金方法について詳しくまとめていきます。上記のおすすめ入金方法を個別で見ていくので、より違いが分かるはずです。

TaitanFXの口座開設フォームはこちら

Titan FX入金手順(WEB)

❶ クライアントキャビネットへログイン

まずは、Titan FXに登録してる【メールアドレス】と【パスワード】を入力して、クライアントキャビネットへログイン!

❷入金メニューの選択

クライアントキャビネットにログインした後、左メニューにある【入金】をクリックしてくれ

クリック出来ましたっ!

➌ 入金先口座と入金方法の選択

入金手続き画面が表示されたら、入金を希望する「Titan FXの取引口座」と入金方法一覧から希望している入金方法をそれぞれ選んでクリックしてくれ
どの入金方法にしようかな~
入金方法別に詳しく説明するからどれでもいいぞ~

国内銀行送金

国内銀行送金は、TitanFXで最も簡単な入金方法です。

ATMやインターネットからでも手続き可能なので、電子ウオレットのアカウントをまだ持ってない方は国内銀行送金が入出金の面からいっても非常に便利な方法になります。

ただし、他の入金方法に比べて反映に少し時間がかかるのと、入金最低額が10万円するのでそこは把握しておいてください。

10万円か~、少額取引を考えている人には向いてないですね…
そうだな~こればっかりはどうにもならないねえ~

国内銀行送金時の銀行情報と振込人名義について

TitanFXでは、国内銀行送金で入金する度に、毎回違う「銀行情報」と「振込コード」が割り当てられるようになっています。

インターネットバンキングまたはATMから振込む場合は、振込人名義欄にローマ字表記のお名前+振込コードを必ず入力し、指定の振込先へ送金手続きを行う必要があるので注意してください。

名前・振込コードのいずれかが正しく記入されていない場合、取引口座への入金反映に遅れが生じる可能性がありますので絶対に間違えないようにしましょうう!

もしもご利用の金融機関で振込人名義を変更できない場合は、振込手続きをした後に、クライアントキャビネットの入金履歴ページより振込証明書類をアップロードしてください。

クレジットカード

クレジットカードでの入金は、JCB、VISA、AMRICAN EXPRESSが利用でき、それぞれ入金できる通貨が違います。

24時間365日入金でき即時反映され、非常に使い勝手が良いですが出金は入金額と同額しかできないのが少し欠点です…

なので、利益分の出金は、他の方法で行う必要があります。

出金の面ではなんだか少し面倒くさいですね…
まあ確かになあ。でも1番無難な入金方法であることは間違いないぞ

TitanFXは入出金が同じ方法でなくてはならないので、出金も手間なく行いたいのあれば他の入金方法を選ぶのが良いかもしれません。

Bitwallet

Bitwalletによる入金は、口座に即時反映され利益分の出金も可能と非常に便利な入金方法になります。

ただし、電子ウォレットの中でもアカウント開設のための手続きが少し面倒というのがあります。

しかし、アカウント登録さえしてしまえば、他の海外FX業者で入金する際も便利に利用可能です。

この機会にアカウント登録してしまうといいぞ!
たしかにそうですね。登録するデメリットは一切ないですもんね♪

STICPAY

STICPAYも電子ウォレットによる入金で非常に便利です。

豪ドルやシンガポールドルなど、日本では珍しい通貨で入金できるのが最大の特徴です。

ただし、現在はそれほど知名度が高くないということもあり、情報が少ない状態です。

同じ電子ウォレットであれば、世界中で利用されているBitwalletで入金を行うのが安心かもしれません。

まとめ

今回は、海外FX業者のTitanFXの入金方法についてまとめていきました。

TitanFXは、どの入金方法でも入金手数料が無料なのが非常に魅力的でしたね。

どの入金方法も非常に使いやすいので、どれが自分に合っているのかよく吟味して選んでいきましょう!

TaitanFXの口座開設フォームはこちら